円高という言葉を信用せず、世界中の通貨を見よう!

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

為替レートとは?

2つの通貨の交換レートが為替レートです。

FXで通貨の取引をする場合、日本円でド、ルを買うにしても、日本円を売り、ドルを買うという事になります。

ある通貨を買う時には、ある通貨を売るという事になります。

FX取引は、1取引毎に1通貨が上がって、1通貨が下がるという投票のようなものです。 
買った通貨の価値が上がり、売った通貨の価値が下がります。

FXでは売買前に世界中の通貨を視野に入れて考えよう!ニュースの円高は米ドルにだけ円高という事です

ニュースでよく円高といわれてますが、一般に市場では米ドル。/円を基準に円高になったとか、円安になったと報道されています。

ですが世界的に見れば、円/ポンドと、円/nzドルなど、たくさんの組み合わせがあります。円高の時に、円/ポンドを見てみると逆に円が安くなっている場合もたくさんあります。

米ドル/円だけを見ていては、どこでトレードすればいいかはわかりません。

円高、円安の考え方

円高とはドルに対して円が高くなる、という事です。
円安とはドルに対して円が安くなる、という事です。

視野を広く持とう

米ドル/円以外のチャートもチェックして、どういう風に動いているのかを見ておくのがいいです。
世界の通貨を幅広く見て、どの国が買いか、どの国が売りかっていう風に考えるといいですね。

上がる速度が速い通貨

Nzドル、ポンドは一旦上昇し始めると上がるのが早い特性があります。Nzドル、ポンドは落ちまくった時にどんな動きをするか注目してみて下さい。反対に落ちる時も激しく落ちます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ