「FX初心者」の記事一覧(2 / 5ページ)

ボリンジャーバンドで標準偏差を求めよう

FXで勝つ為には通貨の偏差値を求めて、買い時かどうかを調べるといいです。 その為には標準偏差値という考え方を理解する必要があります。 めちゃ簡単に説明しますので、ちょっと見ていって下さいね。 標準偏差って何? 高校受験、・・・

逆相関の組み合わせで分散効果を上げる

相関係数が-1に近い逆相関の組み合わせでポジションを持つ事で、分散効果を上げる事ができます。 片方が下がったとしても、もう片方が上がってくれるので、全体のダメージが少なくなり、スワップを取りやすくなるのです。(為替差益を・・・

値動きの似た通貨を使って為替損得をゼロにし、スワップで儲ける!

持っている通貨が下がってしまえば当然損が出ます。この事を為替差損といいます。 スワップ取引で利益を狙っていく時、注意しなければならないのが可替差損です。 スワップで儲ける為にはとりあえずポジションをある程度の期間、ポジシ・・・

FXが副業で選ばれる5つの理由

取引手数料が安い 株や投資信託などの他の取引と比べて圧倒的に手数料が安いのがFXです。 1ドルあたりの手数料は1銭から10銭程度になっています。外貨預金だと1ドル1円以上取られますが、FXだと手数料が1円以下で取引できま・・・

MACDとスローストキャステイクス

それぞれ単体ではダマシに合う可能性が高いのですが、2つ組み合わせると制度が上がる組み合わせがあります。それはMACDとスローストキャステイクスの組み合わせです。 この指標2つ両方で買いタイミングを見いだせた瞬間は、FXの・・・

移動平均乖離率

移動平均乖離率って? 移動平均乖離率とは、移動平均線と今の為替相場がどれくらい乖離しているかという率です。 だいたい普通はプラマイ4%以内で推移する事が多いんですが、それが稀に13%以上乖離して動く事があります。株式投資・・・

MACDとRSIの組み合わせでFXで儲ける

テクニカル指標にはそれぞれ得意な場面、不得意な場面があります。 指標一つだけで分析しても、思惑通りにはいきません。 ですが、紙も重ねていけば厚くなるように、指標も重ね合わせるとその精度が上がります。異なる2つのタイプの指・・・

一目均衡表

一目均衡表は単体で役に立つ指標です。別の指標と同時に見ながら考えなくてもいいので有用です。 もともと一目均衡表は 一目山人(仮名)という方が、数千人の協力者と共に7年もかけて完成させた独自の相場分析手法です。 一目均衡表・・・

ストキャスティクス

ストキャスティクスもMACDと同じくオシレーター系の指標です。 この指標もMACDと同じで、一方的に下落する局面や、一方的に上昇する局面では弱く、ボックス相場で効果を発揮します。 ストキャスティクスは2タイプある 考案者・・・

RSI

RSIはオシレーター系の逆張り指標です。 オシレーターって何? オシレーターというのは、買われ過ぎ、売られ過ぎの状態を数字に変換したものです。 上のゾーンに行けばそれは買われすぎということになり、売りをするといいよ、とい・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ