FX業者を選ぶ時の3つの基準

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

FXについて基本となる事をだいたい見て行った後は、とりあえずFX取引業者に口座を作ってみる事です。

実際にFX口座を作って、IDとパスをもらえば、その業者のFXサイトからログインして様々な情報を得る事ができるようになるからです。それこそ百聞は1見にしかずです。

ですが、FX業者は数多くの会社があります。

名前を聞いたことがあっても、本当にその業者が自分に合っているのかなど、どこの業者を選べばよいかは難しいものです。

ですので、最初はいくつかの業者に申し込んで、ログインIDが来て、実際に使ってみて、そこから自分がメインで使うFX会社を決めればいいのです。口座開設は無料ですしね。

でも、あまりにも自分の狙いとかけ離れた業者に申し込んでも意味ないですから、ある程度は絞って取引業者を選んでいきましょう。

FX業者を選ぶ際のポイント

選ぶ際に、いくつかのポイントがあります。大事なお金を預けて取引をするのですから、よく検討して決めるのがベストです。

取引業者を選ぶポイントには大きく分けて3つあります。

取引手数料で選ぶ

取引手数料とは1回注文をする度に取引業者へ支払うお金のことです。

デイトレ等の手法で、1日のうちに何回も売買する人は、この取引手数料が安い業者の方がいいです。

例として挙げると、DMM FXは初心者向けがかなり手数料が安いです。

他にも、

なんかもいいですね。

取引手数料を高く設定している取引業者では、その分を情報提供等に力を入れています。(メインで使わなくてもFX口座を何口座か持っていた方がいい理由です。)

理由2 スプレッド
買値と売値の間の額をスプレッドと言います。業者によっては取引手数料無料!と唄っていても、実際にはスプレッドで手数料を抜いている業者もあります。FX業者を選ぶ時にはスプレッドの小さい業者を選ぶのが鉄則です。

理由3 レバレッジ

数倍から数十倍までレバレッジをかけれるのがFXの大きな特徴です。もちろん、レバレッジは儲けにだけかかるわけではありません。レバレッジをかけると、儲けも損も、何倍も何十倍ものスピードで動いていきます。

また、レバレッジの倍率についても、取引業者によって違います。取引に慣れるまでは低レバレッジで安全にいった方が、一気に資金を消し飛ばすような可能性が少なくなっていいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ