FX初心者に米ドルをオススメしない理由

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

FX初心者が初めて買う事が多い米ドル…、でも米ドルはスワップポイントがほとんどつかないので初心者には旨みが少ないのです

FX初心者がよくやってしまうのですが、自分が安心できる通貨であるという理由から、米ドルでの取引から入る人が多いです。

ですが、アメリカはリーマンショックの後、低金利でいくという事が政策ずけられてしまったので、スワップポイントが異常に低くなっています。そして、為替の変動も少ないので、儲けるのが簡単ではありません。

米ドルは上記したように、低金利でいくという事でドル安傾向が続いています。ですので、売りポジションから入るやり方の方が今は有利です。ですが、売りだとスワップポイントが逆マイナスになってしまい、スワップポイントで得どころか損をします。

ですが、初心者がスワップポイントで損しながら米ドル売りっていう取引から始めるっていうのは簡単ではありません。だから今は初心者が米ドルでの取引をするのはあまり得策ではないと私は思います。

慣れてきて米ドル売りからでも十分に考えれるようになってから取引すればいいだけですしね。

米ドルは買いタイミングが読みづらい

突発的な日銀の介入などで相場が読みにくい通貨です。ゆるやかに円安に変わっていますが、先行きが不透明です。

昔は有事のドル買いという言葉がある位、何かあった時にドルが買われる傾向があったのですけれども、2001年の同時多発テロが起こってから、有事でドル売りになる場合もあり、安定通貨とは言えなくなってきています。

米ドルは取引高がナンバーワン

基軸通貨として世界中で取引されているほとんどのモノやサービスは、米ドルで取引されています。アジア圏に海外旅行行っても米ドルって他国内で普通に使えるシーンが多いですしね。

取引高は最も多いです。

情報量が多いのはいいのですが、それで相場を読めるわけではないので、そういう意味からも米ドルはFX初心者にはお勧めできない通貨です。

米ドルを取引するなら、抑えておきたい指標

ISM製造業景況指数、非農業部門雇用者数、貿易収支、GDP
この4つはチェックしておきたい指標です。
またFOMCで決められる金利も注目すべき要素です。
米ドルを取引するなら上記の5つを調べてから通貨の動向を予想して取引していく、という事が大切になります。

ドルはどういう要因で動くのか?

アメリカ要人が言い出した為替政策が影響力大です。通貨政策には注意しておく必要があります。

アメリカの通貨政策はアメリカの財務省が決定します。

そこがやっかいな機関なんですね。
アメリカの財務省ドル高を望めば本当にその通りになります。ドル高、ドル安、どちらも要人発言次第で変わってきます。
要人発言でトレンドと違う事が言われればそこでターニングポイントが出来てトレンドが逆転し、その方向へデカく動く場合があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ