FXの手数料であるスプレッド

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

為替レートの表示

FXの初心者がトレードをはじめる前に絶対に知っておかなければいけない知識の一つに、為替レートの表示の見方があります。

FX取引をする際、取引画面には2WAYプライスといって、外貨の売値と買値が同時に表示されています。
fxbid

米ドル/円102・99 103・03

という表示があったら、1ドルを買う場合には103円03銭で買え、1ドルを売る場合には102円99銭で売れますよ、という意味です。この買値(ビッド)と売値(アスク)の差をスプレッドといって、これが取引会社に支払うコスト(取引手数料)になります。

スプレッドは会社によって違います。
このスプレッドと売買手数料も加味して手数料の安い証券会社を使っていくのがベストです。

ちなみに今最も手数料が良心的な部類に入るのは
全通貨業界最高水準のスプレッドのDMMか、外為ジャパン FX
です。

スプレッドの差っていうのは大きいです。100万円位取引する方だと、FX会社を乗り換えるだけで20万~30万位利益が変わってきます。それだけ重要な要素という事です。

ちなみに私も1年半ほど前からDMMを使っています。DMMは常に最安値を意識している安心の会社なので、スプレッドに関して損するんじゃないかとは思わずに取引できています。

dmmss

DMMFXについて詳しくはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ