為替で儲ける為には何を参考にすればいい?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

為替がどう動くかを読むにはどうすればいいのか?

為替レートが変動するには大きくわけて3つの要因があります。一つは経済指標、もう一つが金利、もう一つがテクニカル要因です。

まず、経済指標からご説明します。

為替レートとは、海外の通貨と自国の通貨の取引価格の事です。

そこには、国と国との間の経済関係や状況が大きく反映されます。

為替は売り手と買い手の需要と供給によって金額が決まります。そして、売買している市場参加者は、世界経済やニュースによって買いたいと思って買い手になったり、売りたいと思って売り手になったりと、常にめまぐるしく取引され価格が変わっていきます。

経済指標の発表で為替は動く

為替レートを動かす原因になるのが経済指標です。

実際に影響がある経済指標

主な経済指標としては、国内総生産GDP、失業率、インフレ率、財政収支、経常収支です。

中でもアメリカのドルは基軸通貨と呼ばれ、アメリカでの経済指標が為替レートに大きな影響があります。

発表される指標でアメリカがいいっていう風に見られると、アメリカドルはほとんどの通貨に対してドル高に変わります。

FXをする上で忘れてはならない要因 金利

要因の2つめは金利です。

低金利の通貨はマイナス評価されます。ちなみに今、日本は低金利です。政府は円高になりがちな日本円を円安にして、輸出産業を支えようと考えているからです。円安になると、輸出型企業は売上が同じでも、受け取る日本円の額が増えます。
(逆に円高になれば、輸出型企業は売上が同じでも受け取る日本円の額は減ってしまいます。)

どうして日本政府は低金利で円安にしたがるのか?

電化製品、自動車などが世界的に強い日本は、これらをより多く買ってもらい、国の基幹産業を守りたいと考えている為に円安にしたいという方針なのです。

逆に高金利の通貨には外国からたくさんの資金が集まります。それだけスワップを儲けたいと思って資金が集まるからです。

為替が動く第三の要因テクニカル指標

相場をやる人はテクニカルグラフを見ています。
実際に為替のブロディーラーは、コンピューターを駆使して、特殊なチャート分析をやっています。
多くの一般投資家もまた、チャートを分析してトレードをしています。

なぜみんなチャートグラフを見るの?

特にFXの場合、トレンドがありますので、一方向に値が動きやすいです。

それで絶対勝てるというわけではありませんが、グラフを見て、これから先どういう動きをする…、という流れを予想する人が多いのです。

グラフを見て、売られすぎてるな…、もうそろそろ反転しそうだ、とか、この上昇はまだ続きそうだぞ、という風に判断します。
FXで勝つコツはトレンドを見極め、できるだけ長くそのトレンドに乗る事です。

大衆がこれは上がる、と思えばその通貨に人が集まってきてトレンドが形成され、上昇が続きます。そういう時に、できるだけ長くトレンドに乗り、落ちる前に売り抜けるというのが理想的なトレードなのです。

まとめます。

為替に影響を及ぼす3大要因

経済指標、
アメリカの経済指標に注意

金利
通貨毎に金利が違います。金利によって為替も動きます。

テクニカル要因
大衆の心理をチャートから読む事です。テクニカル指標の見方は研究している人がとても多く、たくさんの指標があります。ですが、一つの指標に頼るのではなく、指標の特性を理解して、多面的にテクニカル分析をしていく事が大事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ