ローソク足はこうやって見よう

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

大前提なのですが、チャートは絶対に信じれるツールという事ではありません。

ですが、FXでは、株式投資よりもチャート分析が大事です。

どうして株よりも為替ではチャートが重要なのか?それは為替は一方向に動き出すと、そっちのトレンドへ続いていく習性があるからです。そして、それは株式投資よりもそういった傾向がとても強いからです。

で、チャートを見て活用する為には、ローソク足を見る事、トレンドラインを引く事が大事になってきます。fx取引をしている人の中にも、このローソク足を見る事、トレンドラインを引く事だけで取引をしている人もたくさんいます。

チャートの他にも、テクニカル指標分野の、移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、RSI、ストキャスティクスといった見るべき要素はありますが、それを見たからと言って、それが直接勝ちにつながるわけではありません。

まずはチャートの活用の仕方を覚えていきましょう。

チャートの基本アイテムローソク足

為替では上昇し出したら、下降し出したら、その傾向が続きやすいのです。ですので、これから上昇していくぞ、これから下降するぞ、というサインを読み取る事が大事です。

そのタイミングを知る為にチャートが使えるのです。

そして、そのチャートを見るときに大事なのがローソク足です。
ローソク足
変わった名称ですが、その由来は単純。見たままです。チャートを見ると、ローソクのような形をしている棒が並んでいます。

形がローソクに似ているから単純にローソクと呼ばれています。
この1本の棒に、たくさんの情報が含まれています。

ローソク足

図を少しご覧ください。
このローソク1本で値動きを表しています。

ローソク足には柱(実体)の部分があって、その上下に「ヒゲ」が伸びています。胴体の白いローソク足を陽線、黒いローソク足を陰線と呼びます。

ローソクは色ですぐにわかります。黒だとダウン、白だと上昇ですね。

見方は、陽線の場合、胴体の下辺がその日の始値、上辺がその日の終値。
陰線の場合は逆になります。

そして陽線も陰線も、上ヒゲの先端が高値、下ヒゲの先端が安値を示しています。

始値から終値にかけて上昇しているのが陽線なので、長い陽線だと始値より終値が大きく上昇したという事になります。
その場合、その日は買い傾向だったと判断できます。

長い陰線の場合は逆に売りトレンドだったといえるわけです。

ローソクの終値って何時?

注意が必要なのは、為替は株式市場と違い、平日9時15時で終わり、というわけではありません。24時間ずっと動いています。

ですので、どこで始まってどこで終わるのか、始値、終値をどこに置くのか、という事になります。
為替の場合、1日の設定はニューヨークの取引終了時刻を基準にしたチャートが一般的に使われています。

ヒゲに注意

ローソクの上下に書かれている線の事をヒゲといいます。柱から高値までの直線の事を上ヒゲ、柱から安値までの直線の事を下ヒゲといいます。

株ですと、ヒゲを注視する事が多いのですが、為替の場合は24時間取引されてますので、ヒゲにはあんまりこだわらなくてもいいです。

ローソクは日、週、1ヶ月、1分でも表示できる

ローソク足1本で1週間の動きを表すこともできますし、1カ月や1分の動きを表すこともできます。

ー本で1日の値動きを表すものを「日足」、1週間の値動きを表すものを「週足」、1カ月や1分の動きを表すものを「月足」、1分や5分の動きを表すものを1分足、5分足といいます。

どのローソク足を見るかは、自分のトレードのスタイルによります。

デイトレなら1分足や5分足を見ることになります。

でも、だいたいの方…スワップも為替差益も両方を視野に入れる方は、日足と週足の両方から見ていくのがいいです。

勝つ為のfx知識

ヒゲが長い時には、反発する可能性が高くなります。長い下ヒゲが出ると買い圧力が強く出ます。

また、長いヒゲが2日連続続いたら、より強い力で反対方向へいく可能性が出ている状態になります。そういう場合には、トレンドが転換する可能性が高い、という事になります。

ローソクの長いヒゲには注意、です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ