トレンドライン

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

トレンドラインとは?

ローソク足に線を引いたものをトレンドラインといいます。

チャートに線を引くことで、わかり易くトレンドが確認できるようになります。

トレンドラインとは、その名のとおりトレンドを判断する為のラインです。

普段の相場は刻一刻と変化するので、トレンドラインは自分でチャートに線を引いて作っていくものです。

☆サポートライン

上昇トレンドの時には、安値と安値を結んで線を引きます。
これを下値支持線=サポートラインと言います。

上昇トレンド

このサポートラインに対して多くの投資家が考えるのは、これ以上は割り込みにくい、下がったとしても、直近の下値までで、それ以上は下がらないだろうという考えです。

もし、下値支持線=サポートライン以下にま値が落ちるのなら、流れが変わった…、という風に見ます。
トレンドライン

勝つためのFX戦略、下値支持線の買い

下値支持線を割り込む展開になった場合の事を考え、下値支持線のところで買いの注文を入れておきます。
下値支持線上で反発する事に賭けるのです。多くの投資家が同じ行動を取りますので、その分上がる可能性も高くなります。

そして予想通りに反発すれば、ここで利益を確定するというのはいい戦略です。

下降トレンド

反対に下降トレンドの時には高値と高値の間で結んで線を引きます。
これを上値抵抗線といいます。別名レジスタンスライン。上値は文字通りそこに差し掛かったところで抵抗に合い、なかなか上に突き抜けられない事が多いです。

勝つためのFX戦略、上値抵抗線の売り

先ほどの下値支持線の話でも、下値支持線にかかったところで買い注文を置いておくという話をしましたが、
この上値抵抗線の場合も同じです。ここでもたくさんの投資家は上がってもこのあたりが限界だろうと考えています。

ですので、ここで売りとする投資家が多くなります。もちろん、その時その時によって相場は左右されますから、上値抵抗線から戻すとは限りませんが、そう考えるのが投資家心理として必ずあるわけです。

勝つためのFX戦略として、上値抵抗線の上で、売り注文を出しておくのは一つの手です。予想通りに値が落ちたらそこで利益を出す事ができます。

BOX相場
ボックス相場(横ばいトレンド)になる時にはトレンドラインは使える考え方ですが、問題は上値抵抗線を上に突破したり、下値支持線を下に割り込んだりする混乱した相場です。
読めない相場を避けて、安全にいくにはトレンドラインを目安にして、損切りポイントを設定しておく事です。

自分なりに引き際を決めておく事で大負けを回避し、退場にならないように取り組む=負けない投資をするという事もFXではとても重要な立ち回りになります。

トレンドライン

参考文献、図:私のFX外国為替保証金取引バイブル 田中雅哉著 ダイヤモンド社

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ